JRなど全国の鉄道事業者23社および、日本地下鉄協会は7月26日、スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」について、鉄道施設内でキャラクターを出現させないよう、関係者に要請書を提出したと発表しました。

プレスリリースでは「お客様の安全確保等の観点から」と理由を説明。同ゲームをめぐっては、配信開始以降、ユーザーによる危険な場所への立ち入りや、アプリが原因とされる交通事故などのトラブルが多く報告されています。すでに長崎市では、平和記念公園がポケストップ(アイテムなどを入手できるポイント)に設定されているのはふさわしくないとし、運営会社に削除を要請。他にも島根県の出雲大社では境内での「ポケモンGO」を禁止するなど、各所で反対の動きも起こっていました。

今回要請書を提出した鉄道事業社は以下の通り。

  • 北海道旅客鉄道株式会社
  • 東日本旅客鉄道株式会社
  • 東海旅客鉄道株式会社
  • 西日本旅客鉄道株式会社
  • 四国旅客鉄道株式会社
  • 九州旅客鉄道株式会社
  • 日本貨物鉄道株式会社
  • 東武鉄道株式会社
  • 西武鉄道株式会社
  • 京成電鉄株式会社
  • 京王電鉄株式会社
  • 小田急電鉄株式会社
  • 東京急行電鉄株式会社
  • 東京地下鉄株式会社
  • 相模鉄道株式会社
  • 名古屋鉄道株式会社
  • 近畿日本鉄道株式会社
  • 南海電気鉄道株式会社
  • 京阪電気鉄道株式会社
  • 阪急電鉄株式会社
  • 阪神電気鉄道株式会社
  • 西日本鉄道株式会社
  • 一般社団法人日本地下鉄協会

    l_nt_160726pokeonyousei01